[ライブ・レビュー/ KIRINJI LIVE2013 at 12.13 (fri) Bunkamura オーチャードホール]

 

『期待と希望をいっぱい積んだ新生KIRINJIの新たな船出』

 <文 :久保田泰平 / 写真:立脇 卓>

 

zentai
 

 夢の島公園での〈WORLD HAPPINESS〉、池上本門寺での〈SLOW MUSIC SLOW LIVE〉といった夏のイヴェントでの“予告編”を経て、いよいよ新生KIRINJIのワンマン・ステージが始まった。
場所は渋谷・Bunkamura オーチャードホール。予告編を観に行った人も観に行けなかった人も、それはもう、この日が“13日の金曜日”なんていうこともすっかり忘れて胸を高鳴らせていたはずだ。

 
takaki
 

 ゆっくりとステージの幕が上がると、最初の曲「きもだめし」のイントロが流れる。
いわゆる“始まります!”的な雰囲気ではない、淡々とした幕開けは以前からの流儀……か。続いての「ロープウェイから今日は」もそうだが、4月の兄弟ラスト公演では演奏されなかった“高樹曲”ということで(セットリストはほぼそう)、さながらあの日に組まれていてもおかしくないセットリストの一部をポンと抜き出したかのような、ステージの画ヅラこそ違うがすんなりと入っていける立ち上がり(弓木のコーラスは新鮮でした)。

 

最初のMC、高樹の「今日来てくれた人、大好き」という照れ臭そうなひと言から少なからずの不安を読み取ることができたが、演奏のほうはまったくもって凛々しく。「クレゾールの魔法」「いつも可愛い」と続いたあとには、〈WORLD HAPPINESS〉でも披露された新曲「fugitive」。

 

kotori
 
yumiki
 

 コトリンゴがリード・ヴォーカルをとるこの曲で、いままでのKIRINJIとは明らかに違う風景を切り拓いて見せると、南波志帆に献上した楽曲を弓木のヴォーカルで再生した「お針子の歌」、新メンバーでの初レコーディングとなった大貫妙子のトリビュート・アルバムから「黒のクレール」と変化球を交えながら、楠が歌い、サポートの矢野博康とによるツイン・ドラムでも魅せた「黄金の舟」、ヴォーカルの比重が増えた高樹のギター・パートを担う弓木の小気味よいカッティングがニクいぐらいかっこいい「僕の心のありったけ」と、新生キリンジのポテンシャルをぐいぐいと前面に……というところで新曲のインストを挿んで放った「都市鉱山」がいつにも増しての大盛り上がりで観衆総立ち。

ニュー・ウェイヴ風情で異彩を放っているこの曲を発表当時から熱く受け容れていたファンの器量がKIRINJIを前進させているんだろうなあ……としみじみ思ってみたり。

 
kusunoki
 

 さらに、会場の空気がピンと張りつめたディープなスロウ・ナンバー「ジャメヴュ・デジャヴュ」、サザン・ロックとネオアコの中間を行くようなサニーなナンバー「holiday」といった新曲を聴かせ、「TREKKING SONG」、高樹のソロ・アルバムからひさびさに引っぱり出してきた「絶交」と思わず靴が鳴るナンバーを経て、本編ラストへ。

 

gen
 
chiga

 

「今日は特別な日ですから、それに相応しい歌を作ろうと。以前、映画で進水式のシーンを観ながら、これを題材にした曲を作ろうと思って、いつか歌いたいなあ、いつかなあ?……(ニヤつくお客さんが予想する旬なボケはあえてせずに)今じゃないかなって」──そんな高樹のMCをきっかけに披露された新曲「進水式」は、まさに新たな船出を飾るに相応しいナンバー。
志のこもった言葉と晴れやかなメロディーを聴衆に焼き付け、“船出”のステージを締めくくった。

 
zentai2
 

 全体を振り返ると、兄弟時代にちらほらと窺わせていたロッキンなテイストがサウンドの中から薄れた印象は当然ながらあったが、そのぶんを埋めるにも有り余る自由さとたくましさが伝わってくる演奏であった。

 

 長い年月をかけて築き上げてきた“キリンジ”というボディーを新装し、いま新たな航海を始めたKIRINJI。

 

「進水式」の一節“必ず生きて帰ろう”には、ただただ自由に進んで“らしさ”を見失わないように……的な意味も込められているんじゃないだろうか?という深読みはさておき、とにかくこの先の景色を楽しみにさせてくれるステージだった。

 

 

<KIRINJI LIVE 2013 SET LIST>
12.13(fri)東京・ Bunkamura オーチャードホール
12.20(fri)大阪・ 梅田クラブクアトロ

1.きもだめし
2.ロープウェイから今日は
<MC>
3.クレゾールの魔法
4.いつも可愛い
5.fugitive(新曲)
6.ハピネス
<MC>
7.お針子の歌
8.黒のクレール
9.黄金の舟
10.僕の心のありったけ
<MC>
11.セレーネのセレナーデ
12.ambient(新曲)
13.都市鉱山
14.シーサイド・シークェンス
15.ジャメヴュ・デジャヴュ(新曲)
<MC>
16.holiday(新曲)
17.TREKKING SONG
18.絶交
19.進水式(新曲)
EN
20.雪んこ
21.クリスマスソングを何か(新曲)
W-EN
22.今日も誰かの誕生日 (合唱ver.)

Vo/Gt : 堀込高樹
Vo/Pedal Steel/Steel Pan/Gt/Uklele/Banjo : 田村玄一
Vo/Key/A.Pf : コトリンゴ
Vo/Gt/Vln : 弓木英梨乃
Vo/Bass/SynBass 千ヶ崎学
Vo/Dr/Per 楠均
Per/Dr/Manipulator/Key/Cho 矢野博康