宇多田ヒカル、デビュー15周年記念第二弾。”ソングカバーアルバム”にKIRNJIも参加しました。

KIRINJI「Keep Tryin’」試聴リンク http://youtu.be/TYcc2NmhiUk

12月9日発売です。是非、お手に取ってみてください。

 

尚、アルバムの発売に先行して、iTunesストアでアルバム・プレオーダーがスタート。同時に井上陽水「SAKURAドロップス」、椎名林檎「Letters」、AI「FINAL DISTANCE」、KIRINJI「Keep Tryin’」4曲の配信もスタートします。

詳しくは、下記サイトまでアクセスください。

 

宇多田ヒカルのうた 特設サイト http://po.st/utada15th

 

 

15周年記念第二弾 “ソングカバー・アルバム”
宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-

 

_宇多田ヒカルのうた_141101

2014年12月9日(火)発売

TYCT-60055価格:3,000円(税抜)

 

 

【参加アーティスト ※50音順/敬称略】

AI/井上陽水/大橋トリオ/岡村靖幸/加藤ミリヤ/KIRINJI/椎名林檎/Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson/tofubeats with BONNIE PINK/ハナレグミ/浜崎あゆみ/吉井和哉/LOVE PSYCHEDELICO

 

 

【収録内容】

 

  1. 井上陽水 / SAKURAドロップス
  2. 椎名林檎 / Letters
  3. 岡村靖幸 / Automatic
  4. 浜崎あゆみ / Movin’ on without you
  5. ハナレグミ / Flavor Of Life
  6. AI / FINAL DISTANCE
  7. 吉井和哉 / Be My Last
  8. LOVE PSYCHEDELICO /
  9. 加藤ミリヤ / For You
  10. 大橋トリオ / Stay Gold
  11. tofubeats with BONNIE PINK / time will tell
  12. KIRINJI / Keep Tryin’
  13. Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson / Sanctuary

 

 

【KIRINJIコメント】

 

Keep Tryin’は宇多田さんの作品の中でも、とりわけメロディとハーモニーに独特な響きが感じられて大好きな曲です。聴いている時には気づかないのですが、実際にこの曲を口ずさんでみると歌いこなすのはとても難しい事がわかります。こういう曲を自然にモノにしてしまうなんて、やっぱり宇多田ヒカルは凄いシンガーなんだと改めて感じました。 

(堀込高樹)

/////////////////////////////////

KIRINJIは「Keep Tryin’」をカバーしました。とってもポップなのに、実際にカバーしてみると、メロディラインや言葉ののせ方がとても複雑で、とても難しかった!宇多田さんの涼しいのに切ない声も、好きです。好きな曲は色々あるのですが、「FINAL DISTANCE」は、PVも特に好きでした。デビュー15周年、本当におめでとうございます!

(コトリンゴ)

////////////////////////////////

 今回もほぼ完成した建物に塗装する程度の事しかしてませんが、良い色に塗れました。ご本人とは未だにお会いする機会に恵まれませんが、Cubic U名義のレアなCDにサインを頂きたいです。

(田村玄一)

////////////////////////////////

今回はドラムスを上半身、下半身という風に分けて録りました。少し厳粛な儀式のような気分でした。そうすることでこの曲の一番柔らかい部分に触れることができたような気がします。応援歌のようにも聞こえるけれど、切なく優しい曲だと思いました。

(楠 均)

////////////////////////////////

小学校の運動会では「Automatic」でダンスを踊り、中学生で初めて失恋したときには「ULTRA BLUE」を聴いて何度も泣き明かし、高校生になって自分で曲を作り始めれば楽曲の凄さに感動し、デビューしてからはその偉大さに驚くばかりでした。宇多田ヒカルさんの音楽は、私の今までの人生にいつも一緒にあったなぁと思います。今回参加させていただけて本当に嬉しく思っています。

(弓木英梨乃)

////////////////////////////////

カバーするにあたり聴き直し、独特の世界に一瞬で引き込まれました。曲はシンプルさと特異さを併せ持ち、歌詞はメッセージ性が強いにも関わらず、とてもポップで洗練された楽しさに溢れていると感じます。とにかくバランス感覚が素晴らしいのですね。ベースも細部にまでこだわり楽しく頑張って弾かせていただきました。

(千ヶ崎 学)