<Short Edition>

K I R I N J I are

堀込高樹 vo / gt ・田村玄一 pedal steel /steel pan/ gt /vo・楠均 dr /per / vo・千ヶ崎学 bass/ vo ・コトリンゴ vo / pf / key ・弓木英梨乃 vo / gt / vl

1996年10月、実兄弟である堀込泰行(VO/Gt)堀込高樹(Gt/Vo)の二人で「キリンジ」を結成。97年CDデビュー。2013年4月12日のツアー終了と共にVo/Gtの堀込泰行が脱退。キリンジ<兄弟時代>17年の活動に終止符を打つ。以後、堀込高樹がバンド名義を継承、2013夏、新メンバーに田村玄一/楠均/千ヶ崎学/コトリンゴ/弓木英梨乃 を迎えバンド「KIRINJI」として夏フェス出演を皮切りに再始動。2013年12月(東京・大阪)ワンマンライブ「KIRINJI LIVE2013」で初披露後、翌夏にニューアルバム「11」をリリース、併せて初の全国ツアー「KIRINJI TOUR2014」(12箇所・13公演)も開催。翌2015年はARBAKI ROCK REST15、RISING SUN ROCK FESTIVAL などKIRINJI史上最多となるフェス系イベントに出演し精力的なライブ活動を展開。初の洋楽を選曲したコンピレーションアルバム「SIXTH×SIX 』、ニューシングル「真夏のサーガ」、企画アルバム『EXTRA 11』を発売し同年秋にはワンマンライブ「KIRINJI  LIVE 2015」(東京・大阪)も開催した。そして昨年2016年、新編成4年目を向かえより進化したバンドとして通算12枚目(新編成2枚目)のニューアルバム「ネオ」を発売。客演にRHYMESTERを迎えた大作「The Great Journey feat. RHYMESTER」も収録した同アルバムは<<最新型KIRINJIワールド>>満載の力作となった。昨秋にはアルバムを引っさげた2年ぶりの全国ツアーも盛況に終えた。今年2017年のKIRINJIからも目が離せない。

 

KIRINJI  オフィシャルサイト http://natural-llc.com/kirinji/

KIRINJI公式インスタグラム https://instagram.com/kirinji6

 

Contact us     info@natural-llc.com
—————————————————————————————-

 

<Medium Edition>

- K I R I N J I  –

堀込高樹 vo / gt ・田村玄一 pedal steel /steel pan/ gt /vo・楠均 dr /per / vo
千ヶ崎学 bass /syn/ vo ・コトリンゴ vo / pf / key ・弓木英梨乃 vo / gt / vl

1996年10月、実兄弟である堀込泰行(VO/Gt)堀込高樹(Gt/Vo)の二人でキリンジを結成。97年インディーズ・デビュー後一躍脚光を浴び、翌98年、メジャー・デビュー。 洗練された二人のSSWを配するグループらしく、上品かつ独創的に紡いだ楽曲群の数々は, 都会的でもあり、牧歌的でもあり、今や巷でも<キリンジ風>と表現されるほど、唯一無二な存在。そして、そのオリジナリティ豊かで存在感ある詞曲もさることながら美しいコーラスワークと多種多様な音楽的造詣を感じさせるアレンジメントの数々も耳の肥えた多くの音楽ファンを魅了し、2003年には日本武道館公演も成功している。また作家として他アーティストへの楽曲提供も多数。そんな長年に渡り独自のスタンスを築いてきた最中、2012年10月15日、Vo/Gt の堀込泰行が<重要なお知らせ>と題した声明を発表。その内容はKIRINJI TOUR2013の最終公演をもって、17年に渡り兄/高樹と共に活動してきた「キリンジ」を脱退するというものであった。

そして2013年。キリンジ<兄弟時代>の最終章として「KIRINJI TOUR2013」が2/10横浜BLITZよりスタート(全国14カ所15公演を開催)。ツアー期間中の3月27日には兄弟としてのキリンジラストアルバム「Ten」も発売。このラストツアーとラストアルバムリリースをもってキリンジは<兄弟時代>17年の活動に終止符を打った。

以後、堀込高樹がバンド名義を継承、同年夏、新メンバーに田村玄一/楠均/千ヶ崎学/コトリンゴ/弓木英梨乃 を迎えバンド編成の「KIRINJI」として夏フェス出演を皮切りに再始動。新体制初のレコーディングは大貫妙子トリビュートアルバムにて「黒のクレール」をカヴァー。
2013年12月には新体制初となるワンマンライブ「KIRINJI LIVE2013」も東京・大阪で開催。新たに男女混成バンドとして新鮮なアンサンブルを披露した。2014年夏、レコードレーベルをVerve/ ユニバーサルミュージックに移籍。8/6にニューアルバム「11」をリリースし9/23から11/15まで新編成・初の全国ツアー(12箇所・13公演)を開催、称賛を浴びた。翌2015年のKIRINJIはまたARBAKI ROCK REST15に始まりRISING SUN ROCK FESTIVAL などKIRINJI史上最多となるフェス系イベントに出演。これまでにないライブ活動を展開。また初のメンバー選曲による洋楽コンピレーションアルバム「SIXTH×SIX 』、ニューシングル「真夏のサーガ」、企画アルバム『EXTRA 11』を発売後はワンマンライブ「KIRINJI  LIVE 2015」(東京・大阪)も開催好評を博した。

そして昨年2016年、新編成4年目を向かえより進化したバンドとして通算12枚目(新編成2枚目)のニューアルバム「ネオ」を発売。客演にRHYMESTERを迎えた大作「The Great Journey feat. RHYMESTER」も収録した同アルバムは<<最新型KIRINJIワールド>>満載の力作となった。昨秋にはアルバムを引っさげた2年ぶりの全国ツアーも盛況に終えた。今年2017年のKIRINJIからも目が離せない。

 

Contact us   info@natural-llc.com

————————————————————————————————————————————————–
<Long Edition>

1996年10月、堀込泰行(VOCAL/GUITAR)、堀込高樹(GUITAR/VOCAL)の2人(兄弟)でキリンジ結成。多くのアーティストからリスペクトが絶えない確立されたシンガーソングライターとしてのスタイル、スウィートに練り上げられるメロディー、イマジネーション豊かな詞世界、そして、兄弟ならではのハーモニーと洗練されたサウンドプロダクションで奏でる”キリンジ・ワールド”。1997年にリリースされたインディーデビュー盤「キリンジ」は一躍脚光を浴びた。 1998年、レコードメーカー争奪戦の末、ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。2000年には代表曲「エイリアンズ」を含む、3rdアルバム「3」がスマッシュヒット。2003年にはレコード会社を東芝EMIに移籍。 11月には全国7大都市ホールツアーを敢行し、初の日本武道館公演の成功もおさめたことも記憶に新しい。

2005年からはコロムビアミュージックエンタテインメントに移籍。6月にはVoの堀込泰行が「馬の骨」としてソロデビュー。続く11月には堀込高樹もソロデビューを飾り、個々の持つそれぞれの音楽性をより明確にし、表現の幅を一段と広げた。2006年10月、キリンジとしては約3年振りのアルバム「DODECAGON」発売。エレクトリックな質感をプラスしたその新たな音世界は、キリンジ第三楽章の幕開けを感じずにはいられない内容となった。

2007年、連続配信シングルという新たなリリースフォームを展開。6月の第1弾シングル「君のことだよ」を皮切りに、7月に第2弾「Ladybird」、8月に第3弾「ジョナサン」、9月に第4弾「今日も誰かの誕生日」、10月に第5弾「タンデム・ラナウェイ」、11月に第6弾「グレイハウンド・マン(Acoustic Ver.)」、12月には第7弾「家路」と立て続けに音楽配信限定シングルをリリースし、同時にダウンロード曲を収録したCDをステーショナリーブランド「DELFONICS」とのコラボレートアイテムとして毎月25日に限定ショップにて販売。業界紙に取り上げられるなど、大きな話題を呼んだ。

2008年、祝メジャーデビュー10周年を迎えたキリンジは「KIRINJI 10th Anniversary 2008」と銘打った3ヶ月連続リリースキャンペーンをスタート。1月1日キャンペーン第1弾 DVD「KIRINJI PREMIUM LIVE 2007 at 日比谷野外大音楽堂」のリリースを手始めに、第2弾には全11曲(LIVE ver含む)収録された驚異のMEGA SINGLE「朝焼けは雨のきざし」を2月にリリース。続く第3弾としては通算7作目となるオリジナル・フルアルバム「7-seven-」を3月にリリース。また、第4弾として、約2年振りの全国ツアー「キリンジ10th ANNIVERSARY TOUR 2008」を敢行。メジャーデビュー10年目のグループにふさわしく、ライブならではのアグレッシブなパフォーマンスを披露し、全国のキリンジファンを熱狂の渦へと誘った。同年暮れアニバーサリーイヤーも最終章へ。レーベルの垣根を越え、10年の軌跡を綴った初の2枚組ベストアルバム「19982008 10th Anniversary Celebration」を12月10日に発売。12月21日の初の中野サンプラザ公演、12月28、29日にはビルボードライブ東京でのスペシャルライブも成功した。

2009年、それぞれソロワークに重きを置きながらも8月5日には昨年末のライブを収めたライブDVD+CD「KIRINJI 10th Anniversary Special Show Case Final@ Billboard Live TOKYO」を発売、同日には配信シングル「セレーネのセレナーデ」を発表。その他、高樹は新バンド「グラノーラボーイズ」として夏フェスにも出演。一方、Voの泰行は10月21日「馬の骨」のセカンドアルバム「River」を発売。11/5から始まった全国ツアー「馬の骨TOUR2009」も成功し、同月、高樹が参加するバンド「グラノーラボーイズ」の初のワンマンライブも11/20@ビルボードライブ東京で行った。そんな中、キリンジとして同年第2弾配信シングル「小さなおとなたち」を12月9日に発表、12月11日にはビルボードライブ東京での公演もソールドアウトの内に終了した。

2010年9月、先行Sgとして発売した真夏の日の出を彷彿させるかのようなドラマティックでトライバルなサマーポップチューン「夏の光」含む、約2年半振りの通算8枚目のオリジナルアルバム「BOUYANCY」を発売。同年10/31から2011/1/22に至る札幌〜沖縄まで全国22カ所/25公演におよぶキリンジ史上最大の全国ツアー「KIRINJI TOUR2010/11」を開催、津々浦々のキリンジファンのみならず、全国の音楽ファンを熱狂の渦へ誘い、そして唸らせた。そして2011年。さまざまな想いを胸に3.11の大震災を経て制作した震災チャリティーシングル「あたらしい友だち」を7/20に限定配信、10/19には初のセルフカバー含む2枚組の提供曲集「SONGBOOK」も発売し同日にはKIRINJI LIVE2011[東京・大阪]も開催。安定感のあるライブパフォーマンスを披露した。その演奏する姿はアーチストとして今まさに静と動のバランスが絶妙な領域に到達したことを感じさせるものだった。

2012年。5/31「祈れ呪うな」6/27「涙にあきたら」と連続配信シングルをリリース後、そんな長年に渡り独自のスタンスを築いてきた最中、昨年10月15日、Vo/Gt の堀込泰行が<重要なお知らせ>と題した声明を発表。その内容は2013年に開催する<KIRINJI TOUR2013>の最終公演をもって、長年に渡り兄/高樹と共にしてきた「キリンジ」を脱退するというものであった。そのニュースと共に9thアルバム「SUPER VIEW」を発表。レコ発記念で行われた<KIRINJI LIVE2012>も作品同様にすばらしい内容であったことは言うまでもない。

そして、そして2013年。キリンジ<兄弟時代>の最終章として「KIRINJI TOUR2013」が2/10横浜BLITZよりスタート(全国14カ所15公演を開催)。ツアー期間中の3月27日には兄弟としてのキリンジラストアルバム「Ten」も発売。このラストツアーとラストアルバムリリースをもって<キリンジ兄弟時代>17年の活動に終止符を打った。

以後、堀込高樹がバンド名義を継承、同年夏、新メンバーに田村玄一/楠均/千ヶ崎学/コトリンゴ/弓木英梨乃 を迎えバンド編成の「KIRINJI」として夏フェス出演を皮切りに再始動。新体制初のレコーディングは大貫妙子トリビュートアルバムにて「黒のクレール」をカヴァー。
2013年12月には新体制初となるワンマンライブ「KIRINJI LIVE2013」も東京・大阪で開催。新たに男女混成バンドとして新鮮なアンサンブルを披露。。

2014年夏、レコードレーベルをVerve/ ユニバーサルミュージックに移籍。8/6にニューアルバム「11」をリリースし9/23から11/15まで新編成・初の全国ツアー(12箇所・13公演)を開催し称賛を浴びた。

2015年のKIRINJIはまたARBAKI ROCK REST15に始まりRISING SUN ROCK FESTIVAL などKIRINJI史上最多となるフェス系イベントに出演。これまでにないライブ活動を展開。また初のメンバー選曲による洋楽コンピレーションアルバム「SIXTH×SIX 』、ニューシングル「真夏のサーガ」、企画アルバム『EXTRA 11』を発売後はワンマンライブ「KIRINJI  LIVE 2015」(東京・大阪)も開催好評を博した。

そして昨年2016年、新編成4年目を向かえより進化したバンドとして通算12枚目(新編成2枚目)のニューアルバム「ネオ」を発売。客演にRHYMESTERを迎えた大作「The Great Journey feat. RHYMESTER」も収録した同アルバムは<<最新型KIRINJIワールド>>満載の力作となった。昨秋にはアルバムを引っさげた2年ぶりの全国ツアーも盛況に終えた。今年2017年のKIRINJIからも目が離せない。

Contact us   info@natural-llc.com
Contemporary avant-rock duo KIRINJI formed in October 1996, in Tokyo,Japan, when brothers Yasuyuki and Takaki Horigome (both Guitar/Vo, respectively) started writing songs together. It did not take much time for their well-kneaded sweet melodies to capture much of attention and respect from surrounding artists and audience. The lyrics that are so original, beautifully harmonized vocal which only these brothers can create, and their well refined productions immediately created the one and only ‘KIRINJI world’. They soon successfully established themselves in the limelight of the ‘J-pop’ scene in Japan, as their self-titled “KIRINJI” album made an indie debut in 1997.

 

In the following year, 1998, the duo decided to make a major debut with Warner Music Japan, after an offer-scramble by many record companies. In the year of 2000, their 3rd album “3” which included their masterpiece ‘Aliens’ made a smash hit in charts everywhere in Japan.

 

In 2003 KIRINJI signed with TOSHIBA EMI, and in November of the same year, the duo made a 7-city-nationwide-tour, that ended up packing the venues all throughout Japan, including the phenomenal Budokan Hall in Tokyo.

 

In 2005, while remaining on a musical quest, the brothers decided to move onto another record company, Columbia Music Entertainment to start each solo work: Yasuyuki Horigome made a solo debut with “Uma-No-Hone (Horse Bone)” project in June. Later in November of the same year, Takaki Horigome released his solo album. It is still fresh in our memory that the revealing of their individual work did actually represent the most coherent articulation of the duo—ever since then, their sounds developed considerably, and their sense of musical expression made a vast stretch, as their acclaimed album after 3 years “DODECAGON”(released in October 2006) had proven so. It was never difficult for the dedicated KIRINJI fans to confront the opening of KIRINJI season 2 in the album. The Album presented a brand new world of KIRINJI with plenty of electric elements added to their ackowledged sweet organic song writing.

 

In 2007, KIRINJI went on the monthly download single release project on line. Starting the project with the single Vol.1, ‘Kimi-No-Kotodayo’  out in June, KIRINJI consecutively released Vol.2 ‘Ladybird’ in July, followed by Vol.3 ‘Jonathan’ in August, Vol.4 ‘Kyomo-Darekano-Tanjobi’ in September, Vol.5 ‘Tandem Runaways’ in October, Vol.6 ‘Greyhound Man (Acoustic Ver.)’, and Vol.7 ‘Ieji’ in December. The project was coupled with the special package campaign, which was created in collaboration with the stationary brand <DELFONICS>. After each single was released on line, the song was enclosed in a single CD along with a selected stationary item, and was sold at exclusive locations on the 25th of every month.  The campaign was immediately covered by papers and magazines, created a buzz in the industry.

 

In 2008, KIRINJI was ready to celebrate its own 10th anniversary with another campaign. This time, the band was commited to work on consecutive releases within 3 months, under the campaign title ‘KIRINJI 10th Anniversary 2008’. Starting the the campaign with “KIRINJI PREMIUM LIVE 2007 at Hibiya Open-Air Concert Hall”  DVD out in stores on the 1st of Jan, the band released “Asayakewa-Ameno-Kizashi” in February, the marvelous mega-single that enfolded 11 recordings, followed by their 7th full original album “7-seven-” in March. Then the band decided to get back on the road. The tour was titled ‘KIRINJI 10th ANNIVERSARY TOUR 2008’. Being awaited by the fans for 2 years, their aggressive performance made a huge blast city to city, all throughout Japan. As the anniversary year was coming towards the end, on the 10th of December, the band finally released the first time ever best album titled “19982008 10th Anniversary Celebration” (2CDs in a set) over the hedge of labels. All 3 shows in Tokyo were done so well soon after.

In 2009 was the year of solo works for both Yasuyuki and Takaki, KIRINJI unceasingly released their works in various forms. On the 5th of August, DVD + CD which recorded the 2008 Year End show “KIRINJI 10th Anniversary Special Showcase Final @ Billboard Live TOKYO” came out, along with a download single ‘Serene-No-Serenade’ available on the same day. On the other hand, Takaki kept himself busy playing in his other project <the granola boys>in summer festivals and venues in Tokyo, while Yasuyuki released his 2nd album “River” under his solo project <Uma-No-Hone> , toured through out Japan.

On the 9th of December, KIRINJI made a download single “Chiisana-Otonatachi”. A couple of days later, the band did a show at Billboard Live Tokyo, and was completely sold out.

In September 2010, a summer pop tune tribal dramatic as if reminiscent of sunrise in midsummer was released as Sg leading light “summer” contains the original album’s first eight total in a half about two years “BOUYANCY” the market. The largest ever national tour performances ranging Kirinji / 25 or 22 stations nationwide ~ Sapporo to Okinawa ranging from 10/31 year 2011/1/22 “KIRINJI TOUR2010/11” held, not only fans all over the country Kirinji, national music Invitation to the vortex of fan frenzy, and was groan.

 

In 2011. Charity single earthquake earthquake produced through a most sadness feelings in the chest 3.11 “new friends” distribution limited to 7 / 20, 10/19 is a collection to provide a set of two songs, including the first self-cover “SONGBOOK” also On the same day and released on KIRINJI LIVE2011 [Osaka Tokyo] held. Showed a live performance with a sense of stability. Its appearance was the play feel you have reached the perfect balance of space and motion as an artist right now quiet.

 

In 2012. 5/31 “inure norouna” 6/27 “namidani akitara” Released . Anyway , important msg to Yasuyuki Horigome of  Vo/Gt on October 15, last year in the middle when I built such a for many years original stance after release in consecutive delivery singles when “I get tired of tears”. Did the content with older brother / tall tree with a last performance of KIRINJI TOUR2013 to hold this spring for many years; “Kirin was a thing di+@”, to withdraw from を. I announce latest 9th album “SUPER VIEW” afterwards. The live broadcasting of KIRINJI LIVE2012 performed by re co-first memory was the contents which were splendid like a work.

 

in 2013. Final chapter of KIRINJI as  HORIGOME brothers. KIRINJI as a brother, last album “Ten” was also released on the 27th of March During the tour KIRINJI TOUR2013 is held start from Yokohama BLITZ the 10th of febulaly,  15 performances over 14 locations nationwide. The last tour, this, that as a brother = Kirinji Final answer echoed across the country along with the east wind in the last album release, not to mention Kirinji as brothers put an end to the history of ’17 with a last day NHK Hall performance .

 

”キリンジ” is newly to a new member as H.Takaki’s new project”KIRINJI” again It reproduces by the band organization which greeted Genichi Tamura / Hitoshi Kusunoki / Chigasaki Manabu/ Kotoringo/ Erino Yumiki.
kIRINJI of a six-person group starts with the sun upon which it shines down brilliantly this summer.

 

 

KIRINJI A_PHOTO_B small

Share on Tumblr