堀込泰行と伊藤隆博(Key/Org/Tb )の二人のみの編成で全国5カ所を巡った「堀込泰行 IN A SIMPLE WAY 」も無事に終了しました。これまでにない小編成でのアレンジメントやパフォーマンスをお届けしましたがいかがでしたでしょうか。今後も堀込泰行の一つのライブメニューとして展開する予定です。改めて、各地ご来場いただきました皆様に御礼を込めて演目と12/14東京キネマ倶楽部公演時の写真を掲載をさせていただきます。来年のビルボードライブの公演、カバーアルバム等々も是非、チェックを宜しくお願い致します。

 

151214_152

 

============================================

【堀込泰行 IN A SIMPLE WAY ライブレビュー】

12月14日(月)東京・東京キネマ倶楽部

「微熱を帯びた静かなる鼓動──くつろぎのステージから伝えた泰行の今」   TEXT:久保田泰平

ステージ中央に敷かれた二畳分ほどのカーペット(これは1階席でご覧になっていた方にはわからなかったと思いますが)の中央に椅子を据え、そのまわりをギター、アンプ、エフェクタ、モニター、飲み物を置く小さな台で囲まれた、さながら“泰行の部屋”。その左隣に、今回の(唯一の)パートナーであり、キリンジ脱退後の初ツアーでもサポートしていたキーボーディスト、伊藤隆博が立つ──〈IN A SIMPLE WAY〉というツアー・タイトル通り、シンプルなステージ・セットで、ライヴは始まった。

「今日は楽しんでってください」と、これまたシンプルな挨拶を済ませたあと、ニック・ロウのカヴァー「Cruel To Be Kind」で穏やかに幕開け。続いて最新のオリジナル曲「ブランニュー・ソング」。カントリー調の軽やかなビートに煽られて、お客さんの足も自然とリズムをとりはじめる。オリジナル曲とカヴァー曲を交えた構成で……というのが今回の〈IN A SIMPLE WAY〉。次に、ギターをエレキからアコースティックに持ち替えると、「座って弾いてるのに(ギターの)ストラップを付けてるっていうね」とにわかに笑いを誘うMCを挿んでクイーン「You’re My Best Friend」を演奏。そしてホール&オーツ「Rich Girl」。フルバンドに比べれば物静かな演奏に、お客さんは固唾を呑んでステージを見つめているようであり、また、ステージと客席の距離感も近いこともあって、泰行のMCもお客さんの反応を伺いつつ慎重に、とはいえ、ステージ上で(ズボンの)ベルトの位置を直したり、ときに空振りするトークも交えながら場の空気を緩ませた。がしかし、続いてガットギターとピアノの美しいアンサンブルでしっとりと聴かせた「フェイバリット」(キリンジ『Fine』より)、伊藤のトロンボーンをフィーチャーしてジャジーに聴かせるドアーズ「Light My Fire」、ハモンドオルガン風の音色を添えたイーグルス「I Can’t Tell You Why」など、スリリングで心地よいを立て続け、演奏のほうはすこぶる快調で、ぐっと耳を惹きつけていく。

中盤でしばし休憩を挿み、後半戦の最初は「カウガール」(キリンジ『For Beautiful Human Life』収録)でやはり穏やかに幕を開けるも、続くロイ・オービソン「Oh, Pretty Women」のカヴァーでは、伊藤のブギ調ピアノを際立たせながら、この日いちばんの盛り上がりで会場を沸かす。さらに、リズムボックスを交えての「アメリカン・クラッカー」(キリンジ『DODECAGON』収録)、かの「エイリアンズ」を忍ばせるセンチメンタリズムを漂わせるレオン・ラッセル「This Masquerade」(ジョージ・ベンソンやカーペンターズでもおなじみのあの曲)、「River」(馬の骨『River』収録)、そしてキャロル・キング「So Far Away」と、穏やかながらじわじわと胸を熱くさせる曲を続け、伊藤のオルガン・ソロも聴かせどころとなった「風を撃て」(キリンジ『キリンジ』収録)を経てのバリー・マニロウ「Copacabana」では、ミラーボールがお客さんの昂揚を後押し。「今年中にやっておかないと」というMCのあとに“時は2015年”と歌い出す「太陽とヴィーナス」(キリンジ『Fine』収録)では、客席から自然と手拍子が沸き、本編最後は、みんなが待ち望んでいた新曲「swamp」で締めくくり……。

東京公演は、かつてグランドキャバレーだったレトロ風情な会場ということで、始まる前からリラックスした雰囲気で進むことがある程度想像はできていたが、幅広いカヴァーのレパートリーやアレンジの豊かさ、言うなれば堀込泰行の音楽への好奇心を目の当たりにして、まだまだ予想のつかない楽しいなにかが待っていそうな予感をビシバシと感じさせる、味わい深い一夜だった。

===============================================

 

【日程&演目】

12/03(木)愛知・THE BOTTOM LINE 【演目 <A>】

12/07(月)大阪・used AKASO 【演目 <A>】

12/11(金)神奈川・PREMIERE HALL【演目 <B>】

12/14(月)東京・東京キネマ倶楽部 【演目 <A>】

12/18(金)福岡・Gate’s7 【演目 <C>】

 

151214_202

 

【演目 <A>】 *名古屋*大阪*東京

第一部

1. Cruel to  be kind ( Cover: Nick Lowe)

2. ブランニュー・ソング

3. You’er my best friend (Cover : Queen)

4. Rich Girl (Cover: Hall & Oates)

5. フェイバリット

6. Light My Fire (Cover : the Doors)

7. I Can’t Tell You Why (Cover: Eagles)

8. Red Light ,Blue Light ,Yellow Light

9.季節の最後に

第二部

1.  カウガール

2.  Oh, Pretty Women (Cover:Roy Orbison )

3.  アメリカンクラッカー

4.  This Masquerade (Cover : Leon Russel)

5.  River

6.  So far away (Cover: Carole King)

7.  風を撃て

8.  Copacabana (Cover:Barry Manilow)

9.  太陽とヴィーナス

10. Swamp(新曲・仮タイトル)

EN1 燃え殻

EN2 幸せの黄色いリボン (Cover:Dawn )

in-a-simple1

 

【演目 <B>】*横浜

第一部

1. It’s Not Unusual (Cover Tom Jones )

2. YOU AND ME

3. You’er my best friend (Cover Queen)

4. Rich Girl (Cover  Hall & Oates)

5. フェイバリット

6. Light My Fire (Cover : the Doors)

7. I Can’t Tell You Why (Cover : Eagles)

8. Red Light, Blue Light, Yellow Light

9.季節の最後に

第二部

1.  くよくよするなよ

2.  Oh, Pretty Women (Cover: Roy Orbison )

3.  アメリカンクラッカー

4.  ファイヤーバード(新曲・仮タイトル)

5.  River

6.  So far away (Cover : Carole King)

7.  風を撃て

8.  Copacabana (Cover :Barry Manilow)

9.  太陽とヴィーナス

10. Swamp(新曲・仮タイトル)

EN1 燃え殻

EN2 幸せの黄色いリボン (Cover:Dawn )

 

in-a-simple3

 

【演目 <C>】*福岡

第一部

1. Cruel to  be kind ( Cover: Nick Lowe)

2. ブランニュー・ソング

3. You’er my best friend (Cover : Queen)

4. Rich Girl (Cover: Hall & Oates)

5. フェイバリット

6. Light My Fire (Cover : the Doors)

7. I Can’t Tell You Why (Cover: Eagles)

8. Red Light ,Blue Light ,Yellow Light

9.季節の最後に

第二部

1.  カウガール

2.  Oh, Pretty Women (Cover:Roy Orbison )

3.  アメリカンクラッカー

4.  This Masquerade (Cover : Leon Russel)

5.  River

6.  So far away (Cover: Carole King)

7.  風を撃て

8.  Copacabana (Cover:Barry Manilow)

9.  太陽とヴィーナス

10. Swamp(新曲・仮タイトル)

EN1 くよくよするなよ

EN2  ファイヤーバード(新曲・仮タイトル)

EN3  YOU AND ME

EN4 燃え殻

EN5 幸せの黄色いリボン (Cover:Dawn )

 

*PHOTO:立脇卓

ご来場いただきありがとうございました。